Menu

Dance of Absolution land

blog, diary

Dance of Absolution land

Categories

Dance of Absolution land

父はなぜそのことを書かなかったのか、考えたことが無かった、書く気が無かった、その気はあったがその機会は来なかった、書いた。そして捨てた。それは簡単に見つかるような場所には無い。洞穴の壁面に消えないように描く。そのことを父はいつか書こうと思っていた。として、その日がついに訪れなかった。として、息子にはそんなことどうでもいい。そんなことない、とても書く気になれない、ツイッターで昨日が赦免地踊だったことを知る。

0 Comments Leave a reply

    Leave a comment

    Your comment(click button to send)

    inagakidesign
    Share

    This is a unique website which will require a more modern browser to work!

    Please upgrade today!